「本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれてます。」

葬送のフリーレン131話最新話ネタバレ確定速報|いよいよ影なる戦士と対決か?

葬送のフリーレン131話最新話ネタバレ確定速報 葬送のフリーレン

2024年5月15日(水)発売の週刊少年サンデーからしばらく休載になる葬送のフリーレンです。

7月10日発売の少年サンデーにも連載再開の告知は掲載されていませんでした。

再掲載までの間、最新話131話ネタバレ確定速報をお届けしていきます。

130話で早朝のフリーレンが無双ぶりを発揮していました。

戦い前の戦士たちの休息だったんでしょうか?

帝都城内では、水面下で何やら色んな思惑が交差しているようです。

囚われているグリュックが登場し魔導特務隊の隊長の名前も判明しました。

次回話では、いよいよ決戦が始まりそうな葬送のフリーレン131話が非常に気になります。

今回は、【葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ確定速報|いよいよ影なる戦士と対決か?】と題して葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察をしていきたいと思います。

現在葬送のフリーレンが休載している理由などを調査しました。

<<フリーレン再開いつ?休載理由を調査!>>

なお、130話までのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 

目次

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレの考察!

131話では、どんなストーリーが展開するか考察していきたいと思います。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|舞踏会まであと1日?

魔導特務隊・影なる戦士・大陸魔法協会・フリーレン一行、この4つの激突が今後どうなっていくのか皆さんも気になっていることと思います。

126話から新章が始まって、4話がすでに描かれましたがお気づきの方もいると思いますがこれまでの4話で過ぎた時間は物語の中で、たったの2日間です。

129話まではわずか1日です。

何故かと言うと、126話でフリーレン達が任務を任命される際にあと3日後に開催される舞踏会でゼーリエが暗殺される計画があると話しているからです。

確定している最新話130話で、初めてフリーレンの朝早くに起きている可愛い姿が描かれていました。

ということは、129話までは任務を受けた当日、もしくは翌日までに起こった出来事なんです。

そのことを踏まえると、残りあと1日です。

休載明けの最新話になる131話では、まだまだ舞踏会前の数話が描かれることになりそうです。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|フラーゼの強さとは?

魔導特務隊の隊長がフラーゼであることが130話でわかりました。

ヴァイゼに若い時に訪れていました。

その時にマハトからやたらと警戒されていたことを思うと、相当強いことが予想されます。

しかも、特務隊長ですから部下のノイですら一級魔法使いに圧勝しているので恐ろしくなります。

どんな魔法を使いこなすのか、登場する日が楽しみです。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|ラントの過去にフラーゼが?

ラントの過去が回想で登場しました。

それは魔導特務隊にラント本人と家族が襲われているというものでした。

フラーゼは作中では回想のみで若い頃の姿で登場しています。

ラント家族を襲ったような様子で、大事に思っている祖母と因縁がありそうです。

祖母は、かなりの魔力を持った魔法使いだったのでしょう。

ラントとフラーゼの因縁が気になりますね。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|デンケンはどんな存在なのか?

一級魔法使いの試験でデンケンは宮廷魔法使いであることは判明していましたが、魔導特務隊の隊長であるフラーゼも意見できないほどの権力を持っていることに前話では驚きましたね。

帝国にかなり警戒されているようで、舞踏会に出席できないようにしていました。

今の段階だと、デンケンは大陸魔法協会寄りの勢力になりそうですね。

帝国内もやはり派閥のようなものがあるのでしょう。

これからも新たに人物が再登場、もしくは新キャラが登場しそうですね。

新章が始まってから物語の中では時間にして、2日間しか経っていないのでもしかすると舞踏会が行われるのは作中ではあと2日ですが、読者は数が月かかりそうです。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|帝国の思惑

魔導特務隊が帝国からの任務でゼーリエ暗殺計画に加わっていることは間違いないようです。

影なる戦士と共闘して大陸魔法協会を潰しに動いているんではないかと思います。

帝国がなぜ大陸魔法協会側にいる人物を潰したいのか、まだ先の話になるでしょうが帝都でおこなわれる舞踏会までにはその思惑がわかりそうです。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|グリュックがデンケンの義父

130話でグリュックがデンケンの義父であることが判明しています。

宮廷魔法使いという立場のデンケンです。

どこまで権力があるか分かりませんが、根回しをすると口にしていたので今後の重要人物になりそうです。

デンケンは立場上どちらからも信用されない立ち位置だといっていました。

グリュックを帝国は人質にしている感じなので、デンケンの根回しで暗殺計画自体が亡くなる可能性もあります。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|デンケンの根回しとは?

デンケンが根回しをすると言っていた根回しとはどんなことなのでしょう。

昔に魔導特務隊の隊長フラーゼと会っていたことが前話でわかりました。

帝国から任務を与えられている魔導特務隊の隊長フラーゼがゼーリエ暗殺計画の首謀者だとすると、圧力を掛けられるのは皇帝閣下だけです。

大陸魔法協会と帝国とが争うことがないように模索しているように感じるデンケンです。

義父のグリュックとヴァイゼに帰ったデンケンですが、2人で相談して皇帝閣下に何か提案し取引をするのでと思います。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|魔導特務隊と影なる戦士の関係

魔導特務隊ですが、本来の任務は国境線の警備や内乱などの国家として重要な事案に出動する隊で、帝国を言わば代表する部隊です。

影なる戦士とは、帝国に侵入する魔法使いを撲滅するために秘密裏に結成された暗殺部隊になります。

新編では、実際に登場しているこの2部隊で帝国側が本腰を入れて魔法使いを排除しようとしていると思います。

今後、この2部隊が、密接なのかどうかによって物語に影響が出るでしょう。

2つの部隊が、どのような関係なのか131話以降の展開が気になります。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|それぞれ別の暗殺計画か?

もう1つ考えられることは、影なる戦士と魔導特務隊の狙う人物が違うんじゃないかという考察です。

私が考えるに、影なる戦士はフリーレンを暗殺目標にしていると思っています。

そして、魔導特務隊がゼーリエを暗殺目標にしていると考えます。

影なる戦士達はフリーレンを帝都に入ってからずっと観察していますし、眼帯閣下もフリーレンを狙っているような口ぶりでした。

2つの部隊が、それぞれの攻撃目標を持っていると言う事は、舞踏会の会場は大変な戦場になりそうです。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|影なる戦士9人の個性とは?

129話で登場した人物の名前をドイツ語で訳すと、それぞれの個性や技術的な部分の意味が分かってきたので以下にまとめてみました。

・酒場のマスター :ヴォルフ

ドイツ語はWolfで訳すと、獲物を狩る狡猾さが伺えます。

・傭兵 :シュリット

ドイツ語はSchrittで訳すとステップ、一歩ずつ常に前進する執念が伺えます。

・看板娘(女性) :イーリス

ドイツ語はIrisで訳すと菖蒲(あやめ)ですが由来はギリシャ語で女神・虹です。

・図書館司書(女性) :ルティーネ

ドイツ語はRutīneで訳すと熟練・課業、海千山千で手練れのイメージです。

・シスター(女性) :ロレ

ドイツ語はÜberlieferungで訳すと伝承・伝説、過去から伝えられた秘技がありそう。

・神父 :クレマティス

ドイツ語はKlematis訳すとセンニンソウ(有毒植物)で油断すると危険です。

・浮浪者 :ヴァルロス

ドイツ語はWalrossで訳すとセイウチでキバを持った海の危険動物です。

・露天商 :ガゼレ

ドイツ語はGazeleで訳すと寄生虫でしつこく攻撃してきそうです。

・閣下(指令者) :レーヴェ

ドイツ語はleweで訳すとライオンなので影なる戦士を束ねるリーダーですね。

この9人体制で、舞踏会に乗り込むことになりそうです。

様々な個性を持つ戦士たちが、一斉に襲い掛かる場面が想像できますね。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|影なる戦士が舞踏会に潜入

総勢9人の影なる戦士が、ゼーリエを暗殺するために舞踏会に潜入すると考察しました。

表立っては華々しい舞踏会が、戦闘会場になってしまうのは怖いですね。

129話で登場した影なる戦士は、一般市民に普段は紛れて生活していました。

何度も帝国から指令を受けているような口ぶりだったので、チームとして数々のミッションを成功させているようです。

どのようにして舞踏会に潜り込み、尚且つゼーリエ暗殺を遂行するのか、楽しみです。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|舞踏会でフェルンが活躍

舞踏会の会場では、9人の暗殺者が襲い掛かりそうです。

126話で魔法使いと影なる戦士が戦うと、魔法を使うまでの時間に攻撃出来るため、戦士にはかなわないと言う事が分かっています。

確かに、魔法を唱えることで、魔法が発動するので肉弾戦よりも唱える時間分の攻撃が遅くなります。

その遅れをカバーするためにパーティーを組んで、攻撃の速い戦士や武道家が先頭で戦います。

今回のように魔法使いが先頭に立って戦うと、どんな戦闘になるんでしょうか。

舞踏会には、ラダールのような高齢な戦士ではなく、若くて高い戦闘力を持った影なる戦士が舞踏会に潜入していて同時に襲い掛かったら、一瞬で魔法使いは全滅です。

そこで、フェルンの攻撃が早いことが思い出されます。

戦闘時にフェルンの攻撃の速さが一級魔法使い達を助けることになるんじゃないかと考察しました。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|舞踏会でフリーレンとシュタルクの服装

2人は警護に直接は関わっていませんが、フェルンを心配して舞踏会に出席すると思われます。

そこで気になるのは2人の服装です。

きっと2人ともドレスコードでバッチリ決めて舞踏会の来賓たちに交じっているんじゃないかと考察しました。

出席者に紛れている2人ならゼーリエの近くでその動向をみれるので異変に気付きやすいですよね。

皆さんが見たいと思っているフリーレンとシュタルクのバッチリ決めたドレスコード姿を目のあたりにすることでしょう。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|舞踏会でシュタルクが活躍する

舞踏会でシュタルクはどういった動きになるのか考察しました。

シュタルクとフリーレンはきっと舞踏会に護衛ではなく、あくまでもフェルンの身を案じてフリーレンと一緒に出席すると私は思っています。

今の段階だとゼーリエから直接的に護衛の依頼は受けていませんが、パーティーを組んでる仲間を思う気持ちはフリーレンもシュタルクも一緒ですからゼーリエよりもフェルンを守る形になると思います。

影なる戦士の攻撃が素早くて、通常の魔法使いでは魔法を唱える前に倒されてしまうという話は伏線のように何度も話で出てきていますので、影なる戦士の攻撃の素早さに苦戦を強いられるのは明白です。

そこでシュタルクが前衛として大活躍するんじゃないかと私は考察しています。

126話で話が出ていましたが、シュタルクが本気で攻撃をしてきたら数メートルの距離なら魔法を発動する前に倒されてしまうと言っていました。

それだけ早い攻撃に魔法使いは弱いと、弱点を話して伏線を作っているように作者の思惑があるんじゃないでしょうか?

この新編では、戦士がメインの物語になりそうなので今回の舞踏会でシュタルクの戦士としての戦闘能力の高さも披露されるんじゃないかと思っています。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|聖杖法院と帝国の関係

聖杖法院は帝国政府からは非公認でした。

影なる戦士も非公認ですから、立場的に一緒だと思えるのですが1つ違いがあります。

影なる戦士は暗殺機関のため、政府的に闇の部分なので公認できないと言う事です。

では、なぜ聖杖法院は帝国政府から非公認なのか?

きっと、魔法を平和に使うことが前提の機関で、魔法を兵器のように使おうとしている帝国政府とは考え方の違いがあるのではと考察します。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|聖杖法院はエルフ族

129話で聖杖法院がシルエットで描かれていました。

顔まで分かりませんでしたが、完全にエルフ族の特徴的な耳をしていましたね。

このシルエットはフリーレンではないかと思います。

なぜなら、聖杖の証を彼女は持っているからです。

彼女は、聖杖法院が遥か昔に設立されたときの一員だったのではないかと思います。

帝国は、エルフ族を絶滅させたいとの考えがあって影なる戦士に暗殺をさせていると私はみています。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|ラントの得意な分身魔法をユーベル自身の魔法にした?

ユーベルの能力には、自身が心を通わせた人の魔法を共有できる能力があります。

物語の中で、2人が心を通わせている模写が多く描かれています。

ラントと出会った一級魔法使いの試験会場では、ラント本体で参加していなかった為に、ユーベルは能力をコピー出来ていないはずです。

その伏線が、ラントの生まれ育った村での祖母との過去の話でした。

ユーベルはラントの過去の話を聞いて心を通わせて、今まで以上にラントに好意を抱いているのは皆さんも知っている事と思います。

心を通わせているラントの分身魔法をユーベルはコピーしたのか気になります。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|帝国特殊部隊に苦戦してザインが再登場!

舞踏会でゼーリエを警護する一級魔法使いが、暗殺者と戦闘になりそうですが、フリーレンやシュタルクもフェルンに協力して戦うことになりそうです。

さすがにザインとの再会は131話ではないですが、まだまだ帝国領で手ごわい敵と戦うことが予想されます。

影なる戦士もそうですが、帝国領には戦士の部隊が多く存在しています。

戦士との戦闘では、魔法使いは即効性の魔法があまりない為、シュタルク1人戦士では非常に不利な戦いになります。

回復系の魔法を使う僧侶が、必ず必要になって来るでしょう。

再会することになれば、ザインは間違いなく救世主になりますね。

私はザインのキャラクターが大好きなので、ザインとの再会を楽しみに待ちたいと思います。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ確定速報

葬送のフリーレン131話の内容がネタバレ確定次第こちらに追記いたします。

葬送のフリーレン131話は、無期限休載明けの週刊少年サンデーで、ネタバレ確定予定です。

それまで、次回最新話131話の考察を展開していくので、このページをブックマーク等して再訪問してください。

 

葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ考察|いよいよ影なる戦士との対決か?まとめ

【葬送のフリーレン最新話131話ネタバレ確定速報|いよいよ影なる戦士と対決か?】と題して、最新話となる131話を考察してきました。

129話で新たに登場した8人の影なる戦士が、物語の展開を急加速させそうです。

131話では、いよいよ暗殺が実行に移されることになりそうですが攻撃の速い戦士との戦いで魔法使いがどういった戦いを展開するかにも注目していきたいです。

週刊少年サンデーで葬送のフリーレンが無期限休載となり最新話131話のネタバレ確定は、まだまだ先の様です。

名言が多い葬送のフリーレンをキャラクター別で感動するセリフをまとめたこちらもご覧ください。

<<キャラの名言セリフまとめ>>

タイトルとURLをコピーしました